コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢桓夫 ふじさわ たけお

美術人名辞典の解説

藤沢桓夫

小説家。大阪生。藤沢南岳の孫。東大卒。高校在学中から同人雑誌猟人」「辻馬車」などを創刊。横光利一・川端康成ら新感覚派の影響を受けたが、のちプロレタリア文学に移った。新聞・雑誌に連載小説を発表し、大阪文壇の大御所的存在となる。代表作に『傷だらけの旅』等。平成元年(1989)歿、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

藤沢桓夫【ふじさわたけお】

小説家。大阪市生れ。東大国文卒。《首》《結婚の死》などで新感覚派的な才筆を認められ,早く文壇に出た。以後《生活の旗》《傷だらけの歌》等を書き左翼作家として活躍,ナップに所属したが,《大阪の話》《花粉》以後,次第に通俗小説に移った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢桓夫 ふじさわ-たけお

1904-1989 大正-平成時代の小説家。
明治37年7月12日生まれ。漢学者藤沢南岳の孫。藤沢黄坡(こうは)の長男。大阪高時代,神崎清らと「辻馬車」を創刊。東京帝大在学中,武田麟太郎,高見順らと「大学左派」に参加。健康を害し,昭和8年から郷里の大阪に定住し,大衆小説を数おおくかいた。平成元年6月12日死去。84歳。著作に「辻馬車時代」「新雪」「大阪自叙伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじさわたけお【藤沢桓夫】

1904~1989) 小説家。大阪生まれ。東大卒。川端康成らに認められ新感覚派的手法で登場したが、のち左傾。通俗小説として「花粉」などを書く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤沢桓夫
ふじさわたけお
(1904―1989)

小説家。大阪に生まれる。東京帝国大学国文科卒業。漢学者の家系に生まれ、旧制大阪高校在学中より『猟人』『龍舫(りゅうほう)』などの同人誌で習作を発表する。『辻(つじ)馬車』に掲載した『首』(1925)が横光利一(りいち)、川端康成(かわばたやすなり)に認められて新感覚派周圏の新人として文壇に進出した。のち、左傾するが健康を害して療養生活を送る。1933年(昭和8)以降、大阪に戻って織田作之助(おださくのすけ)や田辺聖子らと交流して大阪文壇の中心的存在として活躍した。長編小説『新雪』(1941~42)、『大阪自叙伝』(1974)などがある。[金井景子]
『『藤沢桓夫長編小説選集』全20巻(1954~57・東方社) ▽『大阪自叙伝』(中公文庫) ▽『大衆文学大系23』(1973・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤沢桓夫の関連キーワードナップ(NAPF)石浜 祐次郎崎山 猷逸上道 直夫石浜 恒夫藤沢 桓夫長沖 一石浜恒夫小説家

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android