コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立野信之 たてののぶゆき

4件 の用語解説(立野信之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立野信之
たてののぶゆき

[生]1903.10.17. 千葉,五井
[没]1971.10.25. 東京
小説家。中学校中退後,農業,同人誌の発行などをしていたが,1924年入営,軍隊生活の体験に基づく『標的になつた彼奴』 (1928) でプロレタリア文学の新しい領域を開いた。 28年『戦旗編集委員,30年日本プロレタリア作家同盟書記長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たての‐のぶゆき【立野信之】

[1903~1971]小説家。千葉の生まれ。軍隊での生活を経てはじめプロレタリア作家として活躍するが、検挙された後は転向。現代史を題材とした作品を執筆した。「叛乱(はんらん)」で直木賞受賞。「友情」は転向文学先駆けとされる。他に「明治大帝」「軍隊病」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立野信之 たての-のぶゆき

1903-1971 昭和時代の小説家。
明治36年10月17日生まれ。軍隊体験をもとに昭和3年「標的になつた彼奴(あいつ)」「軍隊病」などを発表,プロレタリア作家として活動。6年転向し,転向文学の先駆けといわれる「友情」を執筆する。28年「叛乱(はんらん)」で直木賞芸術院会員。昭和46年10月25日死去。68歳。千葉県出身。関東中学中退。作品はほかに「明治大帝」「昭和軍閥」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立野信之
たてののぶゆき
(1903―1971)

小説家。千葉県に生まれる。私立関東中学中退。山田清三郎らと『新興文学』を創刊(1922)。のち2年間の軍隊生活を経たが、このときの体験をもとに『標的になつた彼奴(あいつ)』『軍隊病』(ともに1928)などの小説を発表、プロレタリア作家としての地位を築いた。その後『戦旗』編集長、ナルプ(日本プロレタリア作家同盟)書記長などを務めたが、やがて転向、転向小説の先駆けともなった佳作『友情』(1934)を発表した。第二次世界大戦後は、現代史に取材した小説を書き継ぎ、『叛乱(はんらん)』(1952~53)、『太陽はまた昇る――公爵近衛文麿(このえふみまろ)』(1953)、『明治大帝』(1956~58)その他を発表したが、とくに二・二六事件を描いた『叛乱』は第28回直木賞を受賞した。[大塚 博]
『『日本現代文学全集69 プロレタリア文学集』(1969・講談社) ▽『現代日本文学大系91 現代名作集 一』(1973・筑摩書房) ▽立野信之著『青春物語・その時代と人間像』(1962・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立野信之の関連キーワード三角寛桜田常久橘外男大谷藤子川名完次寺崎浩野沢純福永恭助横山美智子若杉慧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立野信之の関連情報