コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間隔の法則 law of intervals

1件 の用語解説(間隔の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

間隔の法則【law of intervals】

コンデンサの放電刺激や頻回刺激による神経や筋肉の電気的興奮に関する法則の一つ.

一定の頻度と一定のコンデンサ容量を用いれば,最小電圧(興奮を引き起こしうるコンデンサの最小電荷)は継時刺激の時間間隔が大きくなるほどますます増大する.時間間隔が著しく延長されると,最小電圧は最大電圧と等しくなり,以後一定となる.頻数の法則*,容量の法則ともいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間隔の法則の関連キーワード刺激療法可変コンデンサー求心性神経電解コンデンサー空気コンデンサー刺激臭ヴェデンスキーの抑制(生理学)関連痛の法則発火指数頻数の法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間隔の法則の関連情報