コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閘門式運河 コウモンシキウンガ

3件 の用語解説(閘門式運河の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうもんしき‐うんが〔カフモンシキ‐〕【×閘門式運河】

閘門を設けてその操作によって水位を調整し、船舶の通過を図るようにした運河。パナマ運河など。水門式運河

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうもんしきうんが【閘門式運河】

閘門を利用して船舶を通過させる方式の運河。二つの閘門が一組となり、その間を閘室という。入り口の閘門を開き、船を入れてからこれを閉じ、次いで閘室内の水位を次に進む水路の水位と同じにしてから出口の閘門を開いて船を進ませる。パナマ運河が代表的なもの。水閘式運河。水門式運河。有門式運河。 → 水平式運河

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の閘門式運河の言及

【運河】より

…また天然の水路との関係からみれば,河川の急流部を避けて河川の側方につくられるラテラル運河lateral canal,分水界を越えて二つの自然水路を連ねるもの,内陸の河港と海洋を結ぶものなどがある。さらに構造上からは水平運河と階段状運河(閘門式運河)が区別される。後者は勾配を緩やかにするため水路の途中にいくつかの堰を設け,そこに付設された閘門lockによって船を上下させるもので,閘門はヨーロッパにおいては,レオナルド・ダ・ビンチによって広く実用化の道が開かれたといわれる。…

※「閘門式運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

閘門式運河の関連キーワード閘門閘船渠水位スキャニング静座法ハッシュ化脂質調整食脂肪調整食水田の汎用化window

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone