関原(読み)せきはら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関原
せきはら

新潟県長岡市の西山丘陵麓(ろく)にある地区。旧関原町。丘陵麓の段丘面は火焔(かえん)土器で有名な縄文中期の馬高(うまたか)・三十稲場(さんじゅういなば)遺跡で、国の史跡に指定されている。かつて、この段丘面一帯が長岡市のニュータウン計画地区に指定され、新しい都市づくりが進められたがバブル崩壊などで縮小を余儀なくされた。丘陵麓は関越・北陸自動車道のジャンクション、インターチェンジになっている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関原の関連情報