コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関戸本古今集 せきどぼんこきんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関戸本古今集
せきどぼんこきんしゅう

平安古筆の一つ。伝藤原行成筆。『古今和歌集』を書写した胡蝶装の零本 (ふぞろい本で残存の少いもの) 1冊。 48枚より成る。名古屋の関戸家に伝わるのでこの名がある。料紙鳥の子紙の白,紫,藍,茶,黄,緑などの色紙。ほかに断簡で伝わるものがある。書風円転自在で非凡の巧妙さがあり,古筆中卓出している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android