コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関戸本古今集 せきどぼんこきんしゅう

1件 の用語解説(関戸本古今集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関戸本古今集
せきどぼんこきんしゅう

平安古筆の一つ。伝藤原行成筆。『古今和歌集』を書写した胡蝶装の零本 (ふぞろい本で残存の少いもの) 1冊。 48枚より成る。名古屋の関戸家に伝わるのでこの名がある。料紙は鳥の子紙の白,紫,藍,茶,黄,緑などの色紙。ほかに断簡で伝わるものがある。書風は円転自在で非凡の巧妙さがあり,古筆中卓出している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone