コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡蝶装 こちょうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡蝶装
こちょうそう

和漢書の装丁法の一種。必要枚数の紙を重ねて2つ折りとし,折り目の2ヵ所に穴をあけ,綴糸を通して外側で結ぶ。装丁法としては最も簡便な方法で,開いた形が蝶の羽根に似ているところからこの名がある。 (→粘葉装 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こちょう‐そう〔コテフサウ〕【××蝶装】

《糊(のり)付けした面を開くと胡蝶が羽を広げたようになるところから》粘葉(でっちょう)装の異称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

胡蝶装【こちょうそう】

書物の装丁の一様式。〈粘葉装(でっちょうそう)〉ともいう。中国,日本などで行われた。印刷または書写した紙を1枚ずつ縦二つ折りにし,これを何枚も重ね,各葉の折り目の部分に糊(のり)をつけ密着させ,1冊に作る。
→関連項目大和綴列帖装

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こちょうそう【胡蝶装】

〔広げた形が蝶がはねを開いたように見えることから〕
和本の綴じ方の一。紙を中央で二つ折りにして重ね、折り目の外側に糊のりをつけて貼り合わせ、表紙を付けたもの。中国では片面だけに文字があり、日本では両面に文字がある。粘葉でつちよう装。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡蝶装
こちょうそう

本の装丁法の一つ。粘葉装(でっちょうそう)と同じ。筆写あるいは印刷された用紙を1枚ずつ二つ折りして、折り目の外側に1センチメートル程度に糊(のり)をつけて貼(は)り合わせ、それに表紙をつけて冊子としたもの。表紙は、前後を続けて1枚の厚様紙で包んだものもあり、背の部分を裂(きれ)か紙で包み、前と後の別々に表紙をつけたものもある。開いてみると、ちょうど蝶が羽を広げた姿に似ているところからこの称がある。胡蝶装は、中国宋(そう)時代の代表的装丁といわれ、わが国では平安から室町の各時代を通じて広く普及した。空海筆『三十帖冊子(さんじゅうじょうさっし)』(仁和寺(にんなじ)蔵、国宝)はこの装丁によるわが国現存最古のものとして有名である。[金子和正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の胡蝶装の言及

【製本】より

…これは長い間に折り目が切れやすいので,紙葉を重ねて,折り目に糊入れし,表紙でくるむ方法が案出された。ひろげると蝶のはねのようなかっこうをしたので〈胡蝶(こちよう)装〉と呼ばれ,また糊ではりつけたので〈粘葉(でつちよう)装〉ともいわれた。この方法は唐代にもおこなわれ,宋代にはいり,印刷術が盛んになるにつれてその使用も増大していった。…

【粘葉装】より

…書物装丁の一つ。用紙を一枚ごとに二つ折して,折り目(外側)に沿って5mm幅ほど,のり付けして重ねて貼り合わせ,表紙をつけて冊子としたもの。のりを用いて各葉をとじつけるので〈粘葉〉といい,それ以前の折本(おりほん)や旋風葉に代わって盛んとなった。表紙には,背の部分を紙や布(絹)で包み,前後別々に表紙を添えるものと,または一枚の表紙で前後を包み,背の部分をのり付けにした,包み表紙がある。のり付けされた丁を見開くと,チョウが羽根を広げた形になるので,中国では蝴蝶装と呼ぶ。…

※「胡蝶装」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone