コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税休戦会議(読み)かんぜいきゅうせんかいぎ

百科事典マイペディアの解説

関税休戦会議【かんぜいきゅうせんかいぎ】

第1次大戦後,各国は保護貿易主義を強化し,1929年の大恐慌以後は特に関税障壁が高まったが,この状況打開のため,国際連盟仲介により1930年ジュネーブで開かれた会議。1933年のロンドン世界経済会議ロンドン会議)につながるもので,いずれも関税の新設・引上げ禁止には失敗した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android