関税払戻し税制(読み)かんぜいはらいもどしぜいせい(英語表記)drawback system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税払戻し税制
かんぜいはらいもどしぜいせい
drawback system

関税納付がすんでいる商品が一定の条件を満たしている場合に,納付した関税を全額または一部払戻す制度で,戻し税また戻 (れい) 税ともいう。日本では輸出戻し税が代表的で,これは輸出品の生産に使用された輸入原料品の関税を払戻すもの。また輸入が許可されたあとで輸入貨物にクレームが成立し,その貨物を返送または廃棄する必要が生じた場合にも納付済みの関税は払戻される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android