コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関西間 カンサイマ

リフォーム用語集の解説

関西間

関西で多く用いられてきた平面計画手法の基準尺。6.3尺×3.15尺(191cm×95.5cm)の畳の大きさを基準として各室の大きさを決定し、それから柱の位置を決める手法(畳割または内法柱間制)が知られている。京間ともいわれ、畳の名称にも用いられる。→関東間

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関西間の関連情報