コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関西間 カンサイマ

リフォーム用語集の解説

関西間

関西で多く用いられてきた平面計画手法の基準尺。6.3尺×3.15尺(191cm×95.5cm)のの大きさを基準として各室の大きさを決定し、それから柱の位置を決める手法(畳割または内法柱間制)が知られている。京間ともいわれ、畳の名称にも用いられる。→関東間

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

関西間の関連キーワード西村屋忠兵衛サイリスタ連系線たんす

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関西間の関連情報