コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関西間 カンサイマ

1件 の用語解説(関西間の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

関西間

関西で多く用いられてきた平面計画手法の基準尺。6.3尺×3.15尺(191cm×95.5cm)の畳の大きさを基準として各室の大きさを決定し、それから柱の位置を決める手法(畳割または内法柱間制)が知られている。京間ともいわれ、畳の名称にも用いられる。→関東間

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関西間の関連キーワード塩水関東間蛸引き錦手葉葱文章語話説因習柱割厘取り

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関西間の関連情報