関西間(読み)カンサイマ

リフォーム用語集の解説

関西間

関西で多く用いられてきた平面計画手法の基準尺。6.3尺×3.15尺(191cm×95.5cm)のの大きさを基準として各室の大きさを決定し、それから柱の位置を決める手法(畳割または内法柱間制)が知られている。京間ともいわれ、畳の名称にも用いられる。→関東間

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関西間の関連情報