コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畳割 たたみわり

百科事典マイペディアの解説

畳割【たたみわり】

寸法を基準にして住宅の平面を決定する技法。柱の配置に合わせて畳を配する柱割の対。柱割は部屋の形状により畳寸法が不均一になるのでこの欠点を補うために生まれた。桃山時代に始まり,江戸時代茶室数寄屋(すきや)造とともに近畿地方を中心に普及。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

畳割の関連キーワード数寄屋造関西間数寄屋田舎間中京間京間

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android