コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閻次平 えんじへい

百科事典マイペディアの解説

閻次平【えんじへい】

中国,宋代の画院画家。孝宗の時代(1162年―1189年)に活動。李唐様の山水画のほか人物画などもよくし,特に牛の絵にすぐれた。《秋野牧牛図》は彼の作と伝えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

閻次平の関連キーワード泉屋博古館院体画

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android