閻次平(読み)えんじへい

百科事典マイペディアの解説

閻次平【えんじへい】

中国,宋代の画院画家。孝宗の時代(1162年―1189年)に活動。李唐様の山水画のほか人物画などもよくし,特に牛の絵にすぐれた。《秋野牧牛図》は彼の作と伝えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android