闇米(読み)ヤミゴメ

大辞林 第三版の解説

やみごめ【闇米】

販売統制下で、正規の販路によらず、ひそかに取引される米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やみ‐ごめ【闇米】

〘名〙 販売統制が行なわれている時、決められた販路によらないで、ひそかに売買される米。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉都会の谷間「米穀通帳を持ってるのは、道路局人夫の鈴木一家だけで、後は皆、ヤミ米を買ってる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闇米の関連情報