コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食糧管理法 ショクリョウカンリホウ

2件 の用語解説(食糧管理法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくりょうかんり‐ほう〔シヨクリヤウクワンリハフ〕【食糧管理法】

国民の食糧の確保および国民経済の安定を図るために食糧を管理し、その需給・価格の調整、流通の規制を行うことを目的とする法律。昭和17年(1942)施行。平成7年(1995)、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(通称、食糧法)」の施行に伴い廃止。食管法。→食糧法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくりょうかんりほう【食糧管理法】

国民の食糧の確保および国民経済の安定を図るため、政府が食糧についての管理、需給・価格の調整・流通の規制を行うことを定めた法律。1942年(昭和17)制定。食糧法の施行にともない、95年(平成7)廃止。食管法。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の食糧管理法の言及

【食糧管理制度】より

…1942年に制定された食糧管理法(食管法)は食糧の生産・流通・消費の全過程にわたって国家が介入し,一元的・統一的に管理することによって,需給と価格の調整を行う食糧管理制度(食管制度)の原型となった。通常の用語法では,食物全般を指す食料に対して,食糧は穀物を中心とした主食物を指しており,食管法では米と小麦・大麦・裸麦に加え,雑穀・イモ類・デンプン・米穀粉や小麦粉およびその加工品(パン類・めん類・もち・米飯等)が主要食糧と定められ,国家の強力な統制下に置かれた。…

【食糧管理特別会計】より

…米騒動を契機に,米価の変動による社会不安を防ぐため,1921年(大正10)米穀法が制定され〈米穀需給調節特別会計〉による間接統制が始まった。42年に戦時食糧統制のため食糧管理法による直接統制に移行し,食糧管理特別会計法に基づく食糧管理特別会計(略して食管会計)が置かれ,現在に至っている。本会計の管理対象は制定時は米,麦類であったが,その後いも類も加えられた。…

【米価】より

…米価は米の品質によって差があり,玄米の場合は銘柄,等級別に多様な価格が各段階ごとに形成されるが,小売白米は小売業者がそれぞれ品質別の何種類かの商品を作り,価格をつけるのが普通である。
[制度の変更]
 食糧管理法の廃止(1995)までの食糧管理制度のもとでは,米は政府米と自主流通米(1969年産米から制度化)に分けられていた。政府米の場合は生産者価格は政府の買入価格であり,卸商へ政府が売る価格が売渡価格であって,いずれも毎年米価審議会の議を経て政府が決定する。…

※「食糧管理法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食糧管理法の関連情報