コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米穀通帳 ベイコクツウチョウ

百科事典マイペディアの解説

米穀通帳【べいこくつうちょう】

配給米を購入するのに必要な通帳。1941年4月米穀配給制度の実施とともに設けられた。翌年食糧管理法で規定されたが,その後の食糧事情緩和により,1982年の同法改正で廃止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

べいこくつうちょう【米穀通帳】

第二次大戦中から戦後にかけて、政府が米穀統制のために各世帯に配った通帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米穀通帳
べいこくつうちょう

米穀配給制度の台帳として、各世帯に交付された通帳。第二次世界大戦中の米穀不足から、日本では米穀の生産、流通を政府が管理することになり、1941年(昭和16)まず六大都市の各世帯に米穀通帳の交付を始めた。この制度は、翌年施行の食糧管理法によって全国的に実施された。当時の配給量は1人1日2合3勺(約330グラム)。しかし終戦前後には量も減り、しかも遅配続きであった。1951年(昭和26)ごろからは米穀事情も好転し、食糧管理制度も緩められ、米穀通帳の存在意義もしだいに薄れ、身分証明書がわりに使用されるにすぎなくなった。81年6月に公布された改正食糧管理法(82年1月施行)により、82年に米穀通帳制度は廃止された。[梶 龍雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米穀通帳の関連情報