コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘鶏御田 つげの みた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

闘鶏御田 つげの-みた

日本書紀」にみえる木工。
雄略天皇12年勅命で楼閣を建造した。楼上をとぶようにはしることができたという。采女(うねめ)をおかしたと天皇に誤解されて処刑されかかったが,天皇の寵臣(ちょうしん)秦酒公(はたの-さけのきみ)のとりなしでゆるされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

闘鶏御田の関連キーワード木工・木匠伊勢采女

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android