コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦酒公 はたの さけのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦酒公 はたの-さけのきみ

渡来系氏族秦氏の伝説上の人物。
日本書紀」によれば,雄略天皇につかえ,天皇が無実の木工闘鶏御田(つげの-みた)を処刑しようとしたとき,琴をひいてうたい,誤りをさとらせた。また庸,調の絹や絹織物を献上してうずたかくつんだので禹豆麻佐(うつまさ)の姓をあたえられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はたのさけのきみ【秦酒公】

5世紀後半ころの廷臣と伝える人物。《日本書紀》雄略12年10月条に,天皇が木工闘鶏御田(つげのみた)を采女を犯したと疑って処刑しようとしたとき,酒公が琴の歌によって天皇をいさめたという話と,同15年条に秦の民が分散して諸氏のもとに駈使されているのを嘆いて,酒公が天皇に訴えたので,天皇はこれを集めて酒公に賜り,酒公はこれを率いて絹や縑(かとり)を献じたが,その絹・縑が朝廷にうず高く積まれたので,禹豆麻佐(うずまさ)という姓を賜ったという有名な話がみえ,後者は《新撰姓氏録》や《古語拾遺》にもみえるが,どこまで事実か確かではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

秦酒公の関連キーワード太秦