コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪倉宜暢 さかくら よしのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪倉宜暢 さかくら-よしのぶ

1913-1998 昭和-平成時代の洋画家。
大正2年9月22日生まれ。寺内万治郎に師事。昭和17年光風会展に出品,19年光風会賞,21年会員。同年日展出品の「早朝の館」で特選,41年「馬にのる人」で菊華賞,45年日展会員となる。48年ル-サロン金賞。サーカスや道化をモチーフにする。平成10年10月25日死去。85歳。兵庫県出身。帝国美術学校(現武蔵野美大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android