早朝(読み)ソウチョウ

デジタル大辞泉 「早朝」の意味・読み・例文・類語

そう‐ちょう〔サウテウ〕【早朝】

朝早いとき。朝早いうち。早旦。早天。「早朝出発する」
[類語]明け方夜明け未明明け黎明朝明け残夜かわたれ時白白明け朝ぼらけ有明東雲しののめ払暁早暁薄明夜明け前朝まだき鶏鳴あした朝方朝っぱらモーニング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「早朝」の意味・読み・例文・類語

そう‐ちょう サウテウ【早朝】

〘名〙
① 朝の早いうち。早旦。早天。
延喜式(927)一三「其日早朝、職官設皇太子版位於常寧殿西面
古今著聞集(1254)六「太神元政、多近方もとへ、早朝に来れる事ありけり」 〔書経疏‐武成〕
② (━する) 朝早く行動すること。また、朝早く起きること。
朝野新聞‐明治九年(1876)一一月一四日「良人は早朝して晩退し」
③ (━する) 朝の政務。また、帝王が朝早くから政務をみること。
正法眼蔵(1231‐53)光明「皇帝大悦し、早朝の群臣、みな賀表をたてまつるにいはく」 〔白居易長恨歌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「早朝」の読み・字形・画数・意味

【早朝】そうちよう(さうてう)

朝早く。また、早朝の政務。唐・白居易〔長恨歌〕詩 春短きにしみ、日高くしてく 此れより君王、早せず

字通「早」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android