早朝(読み)そうちょう

精選版 日本国語大辞典「早朝」の解説

そう‐ちょう サウテウ【早朝】

〘名〙
① 朝の早いうち。早旦早天
※延喜式(927)一三「其日早朝、職官設皇太子版位於常寧殿西面
※古今著聞集(1254)六「太神元政、多近方がもとへ、早朝に来れる事ありけり」 〔書経疏‐武成〕
② (━する) 朝早く行動すること。また、朝早く起きること。
※朝野新聞‐明治九年(1876)一一月一四日「良人は早朝して晩退し」
③ (━する) 朝の政務。また、帝王が朝早くから政務をみること。
※正法眼蔵(1231‐53)光明「皇帝大悦し、早朝の群臣、みな賀表をたてまつるにいはく」 〔白居易‐長恨歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「早朝」の解説

そう‐ちょう〔サウテウ〕【早朝】

朝早いとき。朝早いうち。早旦。早天。「早朝出発する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android