コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防戦 ボウセン

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐せん〔バウ‐〕【防戦】

[名](スル)相手の攻撃を防いで戦うこと。「全軍一丸となって防戦する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうせん【防戦】

( 名 ) スル
相手の攻撃を防ぎ戦うこと。 「 -すること三日、遂に落城した」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の防戦の言及

【故戦・防戦】より

…中世に私的な争いで,戦いをしかけることとそれを防いで戦うことを,〈故戦防戦〉と称した。1346年(正平1∥貞和2)12月13日の室町幕府の裁判例,〈諸国狼藉条々〉の中の〈故戦防戦事〉という項に,〈たとえ,確論の宿意があっても,上訴(幕府裁判所に提訴すること)を経て裁断を仰ぐべきのところ,雅意に任せて闘殺に及ぶ者は其の科遁れがたし。…

※「防戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

防戦の関連キーワードアラー・アッディーン・ムハンマド宇宙船ビーグル号の冒険応永の外寇・応永の外冦ハイダスペスの戦い馬場信春(2)正親町三条実雅トルーノジョヨロベール1世此処を先途と勅使河原直重岩瀬与一太郎分解された男小笠原 武英うわなり打ち本能寺の変甘露寺親長川瀬源太郎池田 政礼故戦・防戦小笠原武英

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防戦の関連情報