防氷装置(読み)ぼうひょうそうち

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうひょうそうち【防氷装置】

飛行中の航空機に氷が付着するのを防ぐための装置(図)。気温が0~-20℃程度で過冷却状態の水滴のある雲の中を通ったりすると,機体の前面の空気の当たる部分に氷が着き,翼型が変わって抵抗が増したり,ジェットエンジンに氷の破片が飛び込むなど不つごうなことが多い。これを防ぐための装置には加熱で着氷を防ぐ防氷装置anti‐icing systemと,付着した氷を間欠的にはがす除氷装置de‐icing systemの二つがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android