コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防氷装置 ぼうひょうそうち

1件 の用語解説(防氷装置の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうひょうそうち【防氷装置】

飛行中の航空機に氷が付着するのを防ぐための装置(図)。気温が0~-20℃程度で過冷却状態の水滴のある雲の中を通ったりすると,機体の前面の空気の当たる部分に氷が着き,翼型が変わって抵抗が増したり,ジェットエンジンに氷の破片が飛び込むなど不つごうなことが多い。これを防ぐための装置には加熱で着氷を防ぐ防氷装置antiicing systemと,付着した氷を間欠的にはがす除氷装置de‐icing systemの二つがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

防氷装置の関連キーワード航空機航空路飛行場TBT揚抗比バードストライク隔板航空士安定板標識灯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防氷装置の関連情報