阿堵(読み)あと

精選版 日本国語大辞典の解説

あ‐と【阿堵】

〘名〙 (中国六朝時代の俗語で「あれ」「これ」の意)
江都督納言願文集(平安後)二・同女御丈六堂「捨阿堵於旦千、瑩良金於丈六
② (中国、東晉の画家、顧愷之(こがいし)が、人を描いて目玉をつけないで、「伝神写照、正在阿堵中(この物の中にちゃんとある)」と言ったことから) 目玉のこと。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「予蔵宮本武蔵画布袋和尚像。筆法雋穎、墨色沈酣、阿堵一点、奕々射人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の阿堵の言及

【銭】より

…明銭の洪武通宝,永楽通宝,宣徳通宝などは中国銭のなかでも最も代表的なものである。中国渡来銭の流通が軌道に乗るようになると,室町時代には中国銭を形態のうえから阿堵(あと),鳥目(ちようもく),鵝眼(ががん)などと呼び,また使用の面から御脚,用途,料足などととなえるようになった。中国銭の国内通用が盛んになると,中国官鋳制銭をモデルにして造られた私鋳銭や模造銭が現れ,官銭は一般に良銭,精銭と呼ばれ,私鋳銭,模造銭は悪銭または鐚銭(びたせん)ととなえられた。…

※「阿堵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android