コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目玉 メダマ

デジタル大辞泉の解説

め‐だま【目玉】

目の玉。眼球。
1に似た形のもの。
(「お目玉」「大目玉」の形で)目上の人からしかられること。「お目玉を食う」
《客が目玉をむいて驚く意から》多くの売り物の中で特に注目される物。客を引き寄せるための特売品。また一般に、多くの中で中心となる物事。「特価の輸入酒が目玉の店」「減税を目玉に立候補する」
主人・親方など目上の人。
「また、―がやかましく言ふよ」〈洒・双床満久羅〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めだま【目玉】

目の玉。眼球。
の形をしたもの。
にらみつけること。叱しかること。 「お-を頂戴する」 → 大目玉
商店などで、客の気を引くための特価品。また、特に強調したい事柄、最も中心となる事柄など。 「 -番組」
主人・親分など、目上の人。 「又-がやかましくいふよ/洒落本・双床満久羅」
[句項目] 目玉が飛び出る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目玉の関連キーワード仮面ライダーゴースト/闘魂ブースト魂仮面ライダー/ディープスペクター仮面ライダーゴースト/ムゲン魂仮面ライダーダークゴースト仮面ライダースペクター仮面ライダーゴースト仮面ライダーネクロム目玉焼き・目玉焼目の玉が飛び出る目玉が飛び出る目を白黒させるぎょろぎょろロスリーダー目が飛び出る別府タワーぎょろっとぎょろつく福田 清人青目・青眼尾上松之助

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目玉の関連情報