目玉(読み)メダマ

デジタル大辞泉の解説

目の玉。眼球。
1に似た形のもの。
(「お目玉」「大目玉」の形で)目上の人からしかられること。「お目玉を食う」
《客が目玉をむいて驚く意から》多くの売り物の中で特に注目される物。客を引き寄せるための特売品。また一般に、多くの中で中心となる物事。「特価の輸入酒が目玉の店」「減税を目玉に立候補する」
主人・親方など目上の人。
「また、―がやかましく言ふよ」〈・双床満久羅〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 目の玉。まなこ。眼球。
※元祿版古今著聞集(1254)一一「壁にかきたる馬の目玉をほりくじりてけり」
② 目玉のような形をしているもの。目玉焼きなど。
③ (上に「お」を伴って用いることが多い) 目上の人からにらみつけられること。しかられること。
※雑俳・手ひきぐさ(1824)「撫でまわし・清書に眼玉もらふ弟子」
④ 主人・親分・親方などのような目上の人。
※洒落本・まわし枕(1789)「又目だまがやかましくいふよ」
⑤ (掘出物だ、と客が目玉をむくというところから) デパートなどの特売品のうち、買手をひきつけるために用意した超特価品。転じて、多くの中にあって特に人目を引く事柄、中心となる事柄をいう。
※流通革命(1962)〈林周二〉四「スーパー側が顧客へむけて強くリコメンドする日々の商品を決定し、それを目玉(囮のこと)にして顧客を掴む戦術をとるようになった」
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉家族連れ「地中海の旅」波高し「家庭回帰のいちばんの目玉はなんといっても家族旅行ということに」
⑥ ゴルフで、ボールがバンカーの砂の中に半分以上埋っている状態をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目玉の関連情報