阿津賀志山防塁(読み)あつかしやまぼうるい

国指定史跡ガイドの解説

あつかしやまぼうるい【阿津賀志山防塁】


福島県伊達郡国見町大木戸ほかにある藤原泰衡(やすひら)が源頼朝率いる鎌倉軍を迎え撃つために築いた防塁跡。1971年(昭和46)、東北縦貫自動車道の建設にともなう発掘調査によって、2重のと3重の土塁が見つかった。1978年(昭和53)、圃場整備事業の計画にともなう調査によって、この遺跡が『吾妻鏡』文治5年条に出てくる藤原泰衡の防塁「口五丈堀」の跡と推定可能な結果が出た。いずれにしても、鎌倉幕府の全国支配の進展を考えるうえできわめて重要な遺跡であるとして、1981年(昭和56)に国指定史跡となった。JR東北本線藤田駅から車で約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる