コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原泰衡 ふじわらのやすひら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原泰衡
ふじわらのやすひら

[生]久寿2(1155)
[没]文治5(1189).9.3. 平泉
平安時代末期~鎌倉時代の奥羽の豪族。陸奥押領使。秀衡の次男。母は基成の娘。文治3 (1187) 年父の死により陸奥,出羽両国の支配者の地位を受継いだ。当時は源頼朝に離反したその弟源義経が秀衡のもとに庇護されていた。頼朝は泰衡に対して義経の逮捕送進を要求,泰衡は文治5 (89) 年閏4月義経を衣川館に襲って殺し,その首を鎌倉の頼朝に送った。同年8月頼朝軍の来攻を受けて各地で敗れ,同月 21日に本拠の平泉館を焼いて逃走したが,部下に殺され,ここに奥州藤原氏は滅亡した。 (→平泉文化 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐やすひら〔ふぢはら‐〕【藤原泰衡】

[1155~1189]平安末期の陸奥(むつ)の豪族。秀衡の子。父の遺言で源義経をかくまったが、頼朝方の圧迫に耐えかね、衣川の館(たて)に攻めて殺した。のち、頼朝に攻められて逃走中、部下に殺され、奥州藤原氏は滅亡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤原泰衡【ふじわらのやすひら】

平安末期の陸奥(むつ)の豪族。奥州藤原氏最後の人。父秀衡の遺言を守り源義経をかくまったが,源頼朝の圧迫に抗しきれず義経を殺した。1189年頼朝に攻められ(奥州征伐),逃走中部下に殺された。
→関連項目平泉無量光院跡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原泰衡 ふじわらの-やすひら

1155-1189 平安後期-鎌倉時代の豪族。
久寿2年生まれ。藤原秀衡(ひでひら)の次男。母は藤原基成の娘。奥州藤原氏の4代。陸奥(むつ)・出羽(でわ)押領使(おうりょうし)。文治(ぶんじ)5年源頼朝の圧力により,平泉で源義経を殺害。同年幕府の征討軍をむかえて敗れ,9月3日蝦夷(えぞ)地にのがれる途中で家臣の河田次郎に殺された。35歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原泰衡

没年:文治5.9(1189)
生年:久寿2(1155)
平安末期の武将。藤原秀衡の次男。母は民部少輔藤原基成の娘。25歳死亡とする史料もある。小次郎という。文治3(1187)年父の死後,その跡を継ぎ,陸奥・出羽押領使。同5年閏4月30日,源頼朝の意を受けて,父が保護した源義経を攻め殺したが,許されず,頼朝の追討をうけて敗北し,夷狄島(北海道)へ逃れようとして,途中,肥内郡贄柵(大館市)で郎従の河田次郎に殺された。その首は頼朝のもとに届けられたが,返されて,中尊寺金色堂におさめられた。耳,鼻が削がれ,額に釘を打った跡があり,梟首されたことが分かる。この首は長く忠衡のものと伝えられていたが,梟首の跡などから泰衡のものと判明した。

(大石直正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのやすひら【藤原泰衡】

1155‐89(久寿2‐文治5)
藤原秀衡の次男。母は藤原基成の娘。陸奥・出羽押領使。1187年(文治3)父の没後,奥州藤原氏代目となる。源頼朝の強請によって平泉にいた源義経を殺すが,許されず,89年7月頼朝の攻撃を受け,北海道に渡ろうとして敗走,途中肥内郡贄柵(にえのさく)で郎従の河田次郎に殺された。その首は頼朝のもとに届けられたが返され,中尊寺金色堂の父秀衡の金棺のかたわらに葬られた。奥州征伐【大石 直正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのやすひら【藤原泰衡】

1155~1189) 鎌倉初期の陸奥むつの豪族。秀衡の子。陸奥・出羽押領使。鎌倉幕府の圧力に抗しきれず1189年かくまっていた源義経を衣川で殺害したが、同年源頼朝の討伐をうけ、敗走の途中殺され、奥州藤原氏は滅亡した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原泰衡
ふじわらのやすひら
(1155―1189)

鎌倉初期東北の武将。奥州藤原氏第4代。秀衡(ひでひら)二男。源頼朝(よりとも)の征服にあい、平泉(ひらいずみ)百年の社稷(しゃしょく)を失った。父秀衡の晩年から平泉と鎌倉間は義経(よしつね)の取扱いをめぐり冷戦状態に入っていた。秀衡の死後、泰衡は頼朝の圧力に屈して義経を殺し、弟忠衡(ただひら)をも討ったが、頼朝はこれを許さず、1189年(文治5)大軍をもって攻めた。泰衡は蝦夷島(えぞがしま)に逃れようとして、9月3日肥内(ひない)郡贄柵(にえのさく)(秋田県大館(おおだて)市)で郎従河田次郎により殺され、奥州藤原氏は滅びた。[高橋富雄]
『高橋富雄著『奥州藤原四代』(1958・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の藤原泰衡の言及

【奥州征伐】より

…1189年(文治5)源頼朝が奥州平泉の藤原泰衡を攻撃し,これを滅亡させた戦い。奥州藤原氏と源頼朝は早くから対立的であったが,藤原秀衡が源義経をかくまうに及んで,それは決定的なものとなった。…

【平泉文化】より

…平安時代末の12世紀,奥州藤原氏代の保護のもとに,その居館のあった平泉を中心に開花した仏教文化。平泉は,その盛時には中尊寺(ちゆうそんじ),毛越寺(もうつじ),無量光院(むりようこういん)などの大寺院が甍(いらか)を並べ,日吉,白山,祇園,王子,北野天神,金峰山,今熊野,稲荷などの諸社が計画的に配置された都市であった。 中尊寺は藤原清衡(きよひら)によって1105年(長治2)に着工され,26年(大治1)3月24日に落慶供養が行われた天台系の寺院で,このときの堂宇は,供養願文によれば三間四面の檜皮葺堂1宇,三重塔3基,二階瓦葺経蔵1宇,二階鐘楼1宇というものであったが,《吾妻鏡》の文治5年(1189)9月17日条では,寺塔60余宇,禅坊300余宇といわれている。…

※「藤原泰衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原泰衡の関連キーワード近衛天皇源義賢後白河天皇近衛天皇グレゴリウス8世アルノルド派後白河天皇洞爺丸台風事故鴨長明高陽院

藤原泰衡の関連情報