コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賢移那斯 あけ えなし

2件 の用語解説(阿賢移那斯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿賢移那斯 あけ-えなし

?-? 6世紀の官吏。
朝鮮半島東南部の安羅(あら)におかれたいわゆる任那(みまな)日本府の執事。欽明(きんめい)天皇2年(541)新羅(しらぎ)(朝鮮)と通じ,百済(くだら)の招集に応じず,佐魯麻都(さろ-まつ)らと百済主導の任那再興を妨害した。名は延那斯ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿賢移那斯

生年:生没年不詳
延那斯とも書く。6世紀中ごろの倭系の安羅(伽耶の一国,韓国慶尚南道咸安)の人。加不至費直(河内直),韓人との二世である佐魯麻都らと共に佐魯那奇他(那奇他甲背)を共通の祖先とする。佐魯麻都とは常に連帯して行動しており,ふたりは兄弟だった可能性がある。新羅に内通して百済王(聖明王)の招集に応じなかった。このため任那復興の妨げだという理由で百済王は,その排斥を欽明天皇に求めた。安羅に置かれたいわゆる「任那日本府」の執事として実務を担当し,佐魯麻都と共に親新羅,反百済の立場に立って安羅と新羅との連携を推進するうえで主導的な役割を果たした。<参考文献>田中俊明『大伽耶連盟の興亡と「任那」』

(平野卓治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone