コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本府 にほんふ

4件 の用語解説(日本府の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本府
にほんふ

「任那 (みまな)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ふ【日本府】

大和朝廷が、朝鮮半島任那(みまな)に設置したという政治的、軍事的機関。6世紀中ごろまで存続したとみられる。倭宰(やまとのみこともち)。任那日本府

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にほんふ【日本府】

日本書紀によれば、大和朝廷が朝鮮南部を支配するために任那みまなに置いたという官府。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本府
にほんふ

日本書紀』のおもに欽明(きんめい)天皇の時代(6世紀前~中期)の記事にみえる朝鮮半島の加羅(から)(任那(みまな))に置かれた政治組織。「任那日本府」ともいう。古くは「倭宰(やまとのみこともち)」または「倭府」と表記されていたと思われる。『書紀』では、加羅諸国を日本に従属した一個の政治的統合体(=任那)とみなし、その支配のための出先機関としての日本府の存立を記述している。しかし『書紀』の描く「任那」像、「日本府」像は『書紀』編纂(へんさん)時における支配層の朝鮮観・歴史観に基づくもので、そのまま史実ととらえることはできない。6世紀前半の朝鮮半島では、百済(くだら)・新羅(しらぎ)が加羅地域の併合を図り、一方、加羅諸国は自立した政治的統合体を形成させつつあった。このような状況下、大和(やまと)政権は、加羅問題に関する国際上の利害をめぐってそれらの国々との折衝、調停にあたるため、加羅の安羅(あら)国に将軍を派遣し、その将軍を中心に現地の倭人(わじん)系豪族(以前に朝鮮に派遣されて、そのまま土着した者、またはその子孫)などを含めて組織された政治的・軍事的機構が日本府であった。新羅が金官(きんかん)国を滅ぼした532年から加羅全域を併合した562年までの約30年間存続した。その人的構成は、大和政権から派遣された日本府卿(かみ)を長官として、倭人系豪族が日本府臣(まえつぎみ)・日本府執事(つかさ)などの実務的な役職にあたった。
 なお、日本府の実態についてはほかにも多くの学説がある。もともと大和政権とはまったく無縁の組織であった加羅在住の倭人を中心とした政治集団が、『書紀』編纂の際に大和政権の出先機関に置き換えられたとみる説なども注目されている。[菊地照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本府の関連キーワード遣隋使朝鮮牛朝鮮半島任那屯倉大和朝廷任那日本府加耶既殿奚弥騰利

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone