コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿閉国見 あえの くにみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿閉国見 あえの-くにみ

日本書紀」にみえる豪族
雄略天皇3年廬城部(いおきべの)武彦が伊勢斎宮(いせさいぐう)の稚足姫(わかたらしひめの)皇女をおかして妊娠させたと中傷,武彦は父の枳莒喩(きこゆ)に殺される。のち,これが虚言と知った枳莒喩に命をねらわれ,石上(いそのかみ)神宮(天理市)へにげこんだ。名は磯特牛(しことひ)ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿閉国見の関連キーワード稚足姫皇女

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android