虚言(読み)こごん

精選版 日本国語大辞典「虚言」の解説

こ‐ごん【虚言】

〘名〙 (「こ」「ごん」はそれぞれ「」「」の呉音) 仏語。うそいつわりの言葉。きょげん。きょごん。
※東寺百合文書‐と・正応三年(1290)一一月日・伊予弓削島庄百姓等起請文「もしここんをもあいかまへて申候ものならば」

きょ‐げん【虚言】

〘名〙 他人をあざむくいつわりの言葉。まごころから言うのではない言葉。うそ。そらごと。虚語(きょご)。きょごん。こごん。
※将門記(940頃か)「虚言を心中に巧へて、謀叛の由を太官に奏す」 〔老子‐二二〕

きょ‐ごん【虚言】

※義経記(室町中か)六「九郎が有所に於ては、知りたるらん。きょごんを構へず、正直に申され候へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「虚言」の解説

きょ‐げん【虚言】

[名](スル)うそを言うこと。また、その言葉。きょごん。「虚言を弄する」
われ何為なんすれぞ―せんや」〈織田訳・花柳春話
[類語]偽り法螺そら嘘っぱち嘘八百虚偽偽善まことしやか二枚舌はったり虚辞そら言そら音もっともらしいでたらめ出任せ出放題荒唐無稽事実無根根も葉もない

きょ‐ごん【虚言】

きょげん(虚言)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「虚言」の解説

【虚言】きよげん

うそ。いつわり。〔老子、二十二〕謂(いはゆる)曲なれば則ちしとは、豈に言ならんや。

字通「虚」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android