虚言(読み)キョゲン

  • きょごん
  • こごん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 他人をあざむくいつわりの言葉。まごころから言うのではない言葉。うそ。そらごと。虚語(きょご)。きょごん。こごん。
※将門記(940頃か)「虚言を心中に巧へて、謀叛の由を太官に奏す」 〔老子‐二二〕
※義経記(室町中か)六「九郎が有所に於ては、知りたるらん。きょごんを構へず、正直に申され候へ」
〘名〙 (「こ」「ごん」はそれぞれ「虚」「言」の呉音) 仏語。うそいつわりの言葉。きょげん。きょごん。
※東寺百合文書‐と・正応三年(1290)一一月日・伊予弓削島庄百姓等起請文「もしここんをもあいかまへて申候ものならば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虚言の関連情報