陋巷(読み)ロウコウ

  • ×陋×巷
  • ろうこう ‥カウ
  • ろうこう〔カウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 むさくるしく見苦しい町。狭くきたない町。狭い小路。また、俗世間。
※田氏家集(892頃)中・菅給事過訪、兼示宮桜詩、因以長句奉謝「承前富貴皆誇丈、始幸君尋陋巷情」 〔論語‐雍也〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陋巷の関連情報