コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降つ クタツ

デジタル大辞泉の解説

くた・つ【降つ】

[動タ四]《「くだつ」とも》
盛りを過ぎる。衰える。
「わが盛りいたく―・ちぬ」〈・八四七〉
日が傾き夕方に近づく。また、夜半が過ぎて明け方へ向かう。
「日―・つなへに消(け)ぬべく思ほゆ」〈・二二八一〉
「夜―・ちて汝が声聞けば寝(い)ねかてなくに」〈・一一二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くたつ【降つ】

( 動四 )
〔平安以降「くだつ」とも。「腐くたす」と同源〕
盛りが過ぎる。衰える。 「我が盛りいたく-・ちぬ/万葉集 847
夜が明け方に近づく。また、日が夕方に近づく。 「夜-・ちて鳴く川千鳥/万葉集 4147」 「日-・つまで坐朝まつりごときこしめして/日本書紀 武烈訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

降つの関連キーワード提灯程の火が降る改良主義ざっと川千鳥孤児院万葉集よな同源

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android