自他(読み)ジタ

デジタル大辞泉の解説

自分と他人。自分と自分以外の者。「自他ともに認めるところだ」
仏語。自力と他力。
自動詞と他動詞。
これとあれ。
「和漢の礼義をととのへて―の記録に闇(くら)からず」〈保元・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自分と他人。我と人。彼我(ひが)
※性霊集‐七(835頃)僧寿勢入先師忌日料物願文「混物我之多一レ諍、証自他之不二
※死霊‐三章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「ただひたすら自他を圧服する力のみを」
② 対立、対応している両者。双方。彼我。
※太平記(14C後)三九「我等が頸を御引出物に進するか、御頸どもを餞に給るか、其二の間に自他の運否を定め候ばや」
③ あれとこれ。あれこれ。
※保元(1220頃か)上「和漢ともに人にすぐれ、礼義を調へ、自他の記録にくらからず。文才世にしられ、諸道に浅深をさぐる」
④ 仏語。自力と他力。
※親鸞聖人消息(13C中)善性本・五「かれは自力也。これは他力なり。自他(ジタ)のかわりこそ候へども、因位のくらゐはひとしといふなり」
⑤ 連歌・俳諧で、自己の感想、動作、生活などについての表現をいう自と、他人のそれをいう他。この句を適切に連接配置するのが付合の上で重要視された。
※俳諧・山中問答(1689)附録北枝叟考「中の句人情なき時は、自他をふりわけて句作すべし。いか様に転じても中の句を両方にてみるなり」
⑥ 文法で、自動詞と他動詞。また、自称と他称。
※国語のため(1895)〈上田万年〉本居春庭伝「『詞の通路』が動詞に自他の別あることを指摘してより以来」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自他の関連情報