降神術(読み)コウシンジュツ

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐じゅつ〔カウシン‐〕【降神術】

祈祷などで神を招き寄せ、乗り移った人の口からお告げを述べさせる。かみおろしの術。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしんじゅつ【降神術】

霊媒に、祈禱きとうや呪術によって神や死霊を招き寄せさせて、その口を通じて述べさせること。交霊術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうしん‐じゅつ カウシン‥【降神術】

〘名〙 祈祷(きとう)やまじないで、巫祝(ふしゅく)などの身体に神を招きよせ、その人を通して神の意思を述べさせること。かみおろし。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android