巫祝(読み)フシュク

大辞林 第三版の解説

ふしゅく【巫祝】

神につかえる者。神事をつかさどる人。はふり。みこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐しゅく【巫祝】

〘名〙 神事をつかさどる人。はふり。みこ。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「欲禍之所伏 崇之所一レ隠 亀卜之門 巫祝之室 無徃問」 〔礼記‐檀弓下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android