コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除湿器 じょしつき

世界大百科事典 第2版の解説

じょしつき【除湿器】

室内の空気を吸入し冷却器の表面に触れさせ水分を水滴状にし,乾燥した空気を室内に戻す機器。冷凍サイクルを応用したもの。1952年日本で初めて業務用除湿器が発売され,倉庫,電話交換機室,図書館などで利用された。その後一般住宅の気密性が高まるにつれ,壁の結露やカビが目立つなどの湿害が多発するようになったため,68年に家庭用除湿器が発売された。除湿能力は1日に4~5l程度のものが多い。最近ではエアコンに除湿機能のついた型がふえ,単独機能のものは少ない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の除湿器の言及

【デシケーター】より

…除湿器ともいう。固体または液体の乾燥剤を使用して,各種のサンプルを乾燥したり,蓄えたりするのに用いる厚肉ガラス製の器。…

※「除湿器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

除湿器の関連キーワードデシケーター

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

除湿器の関連情報