コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿害(読み)しつがい

百科事典マイペディアの解説

湿害【しつがい】

農作物が土壌水分過多のために受ける被害をいう。特に水田裏作の麦,ナタネなどでは,過湿によって土壌中の酸素が少なくなり,土壌中に還元性有害物質が発生するので,根の生理的活力が弱まり,あるいは病害虫の発生を促したりして生育が阻害される。日本では融雪期,梅雨期および台風襲来期によく発生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湿害
しつがい

梅雨(つゆ)や秋霖(しゅうりん)の時期に降雨日数が異常に多くなると、湿度が高まり、日照不足が加わって農作物などに被害が出る。これを湿害または湿潤害といい、ときには長雨害(ながあめがい)ということもある。収穫期のムギなどは、収穫前に畑で発芽するという穂発芽を生じて商品価値が落ち、もっとも大きな被害を受ける。またこうした環境下ではムギ、野菜、果樹などに病害が蔓延(まんえん)し、その収量や品質に大きな影響を与える。受精期の果樹などは交配を阻まれる。そのほか金属類の腐食、有機物の腐敗、屋外労働の障害などの誘因となる。1963年(昭和38)と77年はともに湿害の大きな年であった。91年(平成3)は関東地方や東北地方南部を中心に長雨と日照不足が顕著で、湿害が発生した。[安藤隆夫・饒村 曜]
『小中原実著『カンキツの気象災害――発生のしくみと防ぎ方』(1988・農山漁村文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿害の関連情報