コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷却器 れいきゃくきcooler

翻訳|cooler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷却器
れいきゃくき
cooler

化学実験や分析に使う凝縮器冷水または空気で冷却して蒸気を液化させる装置。物質の蒸気を冷却して液体を取出すための蒸留用冷却器と,実験操作中に熱により気体化したものを,再び液化して原液に戻すために使う還流用冷却器がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れいきゃく‐き【冷却器】

物体の熱を吸収して温度を下げる装置。水冷冷却器・熱交換器放熱器などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れいきゃくき【冷却器 condenser】

液体を加熱して気化させ,これを再び液体とするのに用いる器具。凝縮器あるいはコンデンサーともいう。主としてガラス製であるが,銀,スズなどの金属を使うこともある。化学実験室では,主として蒸留の際に用い,また揮発性溶媒を用いて加熱抽出するとき溶媒の損失を防ぐための還流冷却器として用いられる。目的に応じ,効率をよくするため各種の型のものがあるが,図にそのおもなものを示す。図のbに示すものは,最も基本的な蒸留用の器具で,リービヒ冷却器という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいきゃくき【冷却器】

発熱体につけて放熱を行い、温度を下げるもの。放熱器。ラジエーター。
冷房装置・冷凍機などで、熱を吸収する部分。フリーザー。
蒸気を冷却して凝縮させるガラス製器具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷却器
れいきゃくき
cooler

広義としては熱交換器に属し、とくに取り扱う物質の冷却を目的として用いられる装置を冷却器とよんでいる。気体または液体を対象にしていることが多いが、固体を対象にしている場合も含まれている。熱回収をおもな目的としている場合、熱回収装置あるいはエコノマイザーなどとよばれることも少ない。また、凝縮を目的とする冷却器は凝縮器とよばれ、一般の冷却器と区別して取り扱われることが多い。
 流体を対象とする冷却器の形式は、「熱交換器」の項を参照のこと。固体を対象とする場合はその形状によって異なる。たとえば、連続シート状材料に対しては巻き取る過程で、粉粒体材料に対しては回転円筒またはベルトコンベヤーで移送しつつ、冷水または冷気と接触させるなどの方法がとられる。[河村祐治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

冷却器の関連キーワードブレイトンサイクルクーリングタワーリービッヒ冷却器ジムロート冷却器東洋ラジエーターフォンジュラックインタークーラーソクスレー抽出器ルームクーラー水素冷却発電機バルククーラー化学実験器具ラジエーター希釈冷却法木炭自動車フリーザーレトルトけん化価冷房装置クーラー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android