陰電子(読み)インデンシ

大辞林 第三版の解説

いんでんし【陰電子】

負の電荷をもった電子。普通、単に電子と呼ばれるものは陰電子をさす。 ⇔ 陽電子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐でんし【陰電子】

〘名〙 陰電気を帯びた電子。普通は単に電子といわれているが、陽電子と区別する場合に用いる。
※自然科学的世界像(1938)〈石原純〉一「総ての原子核を構成する要素として一般に水素原子核と陰電子とが認められるやうになった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android