コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原純 いしはら じゅん

美術人名辞典の解説

石原純

物理学者。東京生。東北大助教授から教授となる間「相対性原理・万有引力論及び量子論の研究」により学士院恩賜賞を受賞する。また、伊藤左千夫に師事し、『アララギ』の発刊にも加わり、歌人として新短歌運動の推進者ともなった。昭和22年(1947)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石原純【いしはらじゅん】

物理学者,歌人。東京生れ。医学者石原忍の弟。東大を出て1914年東北大教授。万有引力論,量子論に関する業績で1917年帝国学士院恩賜賞。歌人原阿佐緒との恋愛事件から1921年東北大を退職,以後科学の啓蒙活動に専心,岩波書店で雑誌《科学》,《理化学辞典》などの編集を主宰。
→関連項目自由律

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原純 いしはら-じゅん

1881-1947 明治-昭和時代の物理学者,歌人。
明治14年1月15日生まれ。石原忍(しのぶ)の弟。石原謙の兄。大正3年東北帝大教授となる。8年相対性理論,量子論の研究で学士院恩賜賞。10年原阿佐緒(あさお)との恋愛問題で辞職。のち岩波書店の雑誌「科学」,「理化学辞典」の編集責任者をつとめる。また歌人として新短歌運動を推進した。昭和22年1月19日死去。67歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】涯なきこほりのうへを 橇(そり)ひきて馬がゆきにけり真はだかの馬が(「靉日(あいじつ)」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしはらじゅん【石原純】

1881‐1947(明治14‐昭和22)
じゅんは通称で,正しくはあつしという。理論物理学者,科学啓蒙家,歌人。東京の生れ。1906年東京帝国大学理論物理学科卒業。在学中長岡半太郎,本多光太郎らに学び同大学院に進む。この間早稲田大学で教鞭をとる一方,雑誌《理学界》に欧米自然科学の状況を精力的に紹介した。08年陸軍砲工学校教官,11年新設の東北帝国大学に長岡の推薦で助教授として就任,12年3月から14年4月までドイツなどへ留学。この間ミュンヘンでA.ゾンマーフェルトに学び,その助手M.vonラウエと,また13年チューリヒ工科大でA.アインシュタインとも親交を結び,帰国後東北帝大教授となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしはらじゅん【石原純】

1881~1947) 物理学者・歌人。東京生まれ。名は「あつし」とも。東大卒。理論物理学の研究・啓蒙けいもうのかたわら、非定型、口語使用の「新短歌」を提唱、歌人としても活躍した。歌集「靉日あいじつ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石原純
いしはらじゅん

[生]1881.1.15. 東京
[没]1947.1.19. 千葉
理論物理学者,歌人。 1906年東京帝国大学理科大学物理学科卒業。東北帝国大学助教授 (1911) ,ドイツとスイスに留学,A.ゾンマーフェルトに師事。東北帝国大学教授 (14) 。相対性理論と量子論について日本における先駆的研究を行い,1919年帝国学士院恩賜賞受賞。のちに,歌人原阿佐緒との恋愛事件のため大学を辞した (21) 。以後,著作活動や雑誌『科学』などを通して,物理学を中心とする自然科学の普及に大きく貢献した。歌人 (歌名は阿都志) としては子規に共鳴して『アララギ』に属したが,のち『日光』の創刊 (24) に参加して反アララギ派の態度を鮮明にし,自由律の口語歌に走った。歌集『靉日 (あいじつ) 』 (22) はアララギ時代の最後の歌風を示すものであるが,改行などの新しい形式も試みられている。晩年は実作者としてよりも理論家として知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の石原純の言及

【石原忍】より

…東京逓信病院院長,前橋医学専門学校校長などに就いたが,戦後は静岡県河津町で開業のかたわら,近視眼予防のための仮名文字の研究を続けた。物理学者石原純は弟にあたる。【長門谷 洋治】。…

【石原純】より

…じゅんは通称で,正しくはあつしという。理論物理学者,科学啓蒙家,歌人。東京の生れ。1906年東京帝国大学理論物理学科卒業。在学中長岡半太郎,本多光太郎らに学び同大学院に進む。この間早稲田大学で教鞭をとる一方,雑誌《理学界》に欧米自然科学の状況を精力的に紹介した。08年陸軍砲工学校教官,11年新設の東北帝国大学に長岡の推薦で助教授として就任,12年3月から14年4月までドイツなどへ留学。この間ミュンヘンでA.ゾンマーフェルトに学び,その助手M.vonラウエと,また13年チューリヒ工科大でA.アインシュタインとも親交を結び,帰国後東北帝大教授となる。…

【自由律】より

…そのことから定型を破壊して自由律によろうとする動きが,大正末期からあらわれた。石原純,土田杏村らがその主導者で,口語定型を守持するものらとの論争がしばしばおこなわれた。しかし1932‐33年(昭和7‐8)ころに口語歌運動では定型派のすべてが敗退し,自由律派のみとなった。…

※「石原純」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石原純の関連キーワードアインシュタイン(Albert Einstein)石原純(いしわらじゅん)石原純(いしはらじゅん)アララギ(短歌結社雑誌)キュリー‐ワイスの法則日本科学史(年表)馬酔木(短歌雑誌)恩賜賞受賞者キュリー温度ボーア磁子磁気ひずみ1月15日原 阿佐緒強磁性体量子条件岡 邦雄石原謙馬酔木石原提唱

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石原純の関連情報