コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸信忠

2件 の用語解説(陸信忠の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

陸信忠

南宋・元代初期の仏画家。寧波の人。日本に『仏涅槃図』『十六羅漢図』がある。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸信忠
りくしんちゅう
Lu Xin-zhong

中国,南宋末,元初の仏画家。詳細な経歴は不明であるが,現存遺品の款記により,宋末,元初に活躍した寧波 (浙江省) 仏画師の一人と推定される。代表作『仏涅槃図』 (奈良国立博物館) ,『十六羅漢図』 (相国寺) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸信忠の関連キーワード周密盛懋銭選趙孟頫李唐遺民画家曽先之信春蘇漢臣夢粱録

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone