コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良国立博物館 ならこくりつはくぶつかん

7件 の用語解説(奈良国立博物館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良国立博物館
ならこくりつはくぶつかん

独立行政法人国立博物館を構成する博物館所在地は奈良市登大路町。 1889年宮内省所管の帝国奈良博物館として設立,1895年開館。 1900年奈良帝室博物館と改称。 1947年文部省に移管され,1952年奈良国立博物館となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なら‐こくりつはくぶつかん〔‐コクリツハクブツクワン〕【奈良国立博物館】

奈良市登大路町にある国立博物館。明治28年(1895)帝国奈良博物館として開館。昭和27年(1952)に現名称となった。平成13年(2001)独立行政法人国立博物館の、平成19年(2007)より国立文化財機構の管轄となる。仏教美術品を中心に収蔵・展示し、毎年秋には正倉院展が開催される。奈良博。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奈良国立博物館【ならこくりつはくぶつかん】

奈良市登大路にある博物館。1895年奈良博物館の名で開館,1900年奈良帝室博物館と改称。1947年国立博物館分館となり,1952年文化財保護法改正に伴って東京国立博物館から分離して現名となり,新発足。
→関連項目九州国立博物館地獄草紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ならこくりつはくぶつかん【奈良国立博物館】

奈良市登大路町に所在し,主として仏教関係の美術品を収蔵し展示する。奈良には1875年に官民合同の博覧会社が設立され,87年まで東大寺大仏殿を会場に正倉院宝物や諸寺の寺宝を展示したという前史がある。89年官制により帝国博物館(東京),帝国京都博物館,帝国奈良博物館の設置がきまり,奈良では95年に陳列館が完成(片山東熊設計)して開館した。1900年に奈良帝室博物館と改称。第2次大戦後の47年文部省の所管に移り,国立博物館奈良分館,52年に東京国立博物館奈良分館となったが,同年8月文化財保護委員会付属の奈良国立博物館になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ならこくりつはくぶつかん【奈良国立博物館】

奈良公園にある国立博物館。帝国奈良博物館として1889年(明治22)に設置され95年開館、1952年(昭和27)現名となる。仏教美術の展示を主とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の美術館・博物館INDEXの解説

ならこくりつはくぶつかん 【奈良国立博物館】

奈良県奈良市にある歴史博物館。明治28年(1895)「帝国奈良博物館」創立。昭和27年(1952)より現名称。飛鳥時代から室町時代の仏教美術作品を中心に収蔵・展示する。国宝紙本著色(ちゃくしょく)地獄草紙などを収蔵。毎年秋には正倉院展を開催。本館の設計は片山東熊(とうくま)(国指定重要文化財)。
URL:http://www.narahaku.go.jp/
住所:〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50
電話:050-5542-8600(NTTハローダイヤル)

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良国立博物館
ならこくりつはくぶつかん

奈良市登大路(のぼりおおじ)町にある博物館。前身は帝国奈良博物館で、1889年(明治22)に設立され、1894年片山東熊(とうくま)設計の建物(現在の旧館、重文)が完成、翌1895年開館した。1900年(明治33)官制改(あらため)により奈良帝室博物館と改称。その後、宮内省が管理運営にあたり、1947年(昭和22)文部省所管となって国立博物館奈良分館と改められ、1950年の文化財保護法の改正に伴い同委員会の付属機関となり、1952年奈良国立博物館として独立、1968年の文化庁の発足と同時にその管轄となった。さらに2001年(平成13)4月より独立行政法人国立博物館、2007年4月から独立行政法人国立文化財機構の一組織となった。
 陳列館は旧館と新館(設計・吉村順三(じゅんぞう))に分かれ、仏教美術の諸作品を飛鳥(あすか)時代から体系的に展示し、両館を結ぶ地下連絡路に陳列ケースを設け、仏教彫刻の基本的理解に資するため、各種のテーマを写真パネルにして展示、仏教美術の専門館として特色を発揮している。展観は常設展、特別展、それに小規模の企画展などがあり、とくに毎年秋に開催される正倉院の宝物展観は有名。収蔵品は館所蔵で国宝・重要文化財を含む1800点余、ほかに奈良をはじめ全国の社寺から寄託された彫刻・絵画・工芸・書・考古資料など多数あり、展観を中心に仏教美術の調査研究・講座・講演・出版などにも意欲的な活動を行っている。休館日は毎週月曜と年末年始。[永井信一]
『奈良国立博物館編・刊『正倉院の歴史――奈良国立博物館正倉院展三十年のあゆみ』(1977) ▽奈良国立博物館編『奈良国立博物館名品図録』普及版(1980・同朋舎出版) ▽奈良国立博物館編・刊『奈良国立博物館蔵品図版目録 絵画篇』『奈良国立博物館蔵品図版目録 彫刻篇』『奈良国立博物館蔵品図版目録 書跡篇』(1988、89、90) ▽奈良国立博物館編・刊『奈良国立博物館百年の歩み』(1995) ▽『週刊朝日百科 日本の国宝50』(1998・朝日新聞社) ▽『週刊世界の美術館93 奈良国立博物館』(2001・講談社) ▽奈良国立博物館編・刊『鹿園雑集 奈良国立博物館研究紀要』各年版』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良国立博物館の関連キーワード興福寺奈良県奈良市今小路町奈良県奈良市押小路町奈良県奈良市北小路町奈良県奈良市三条大路奈良県奈良市四条大路奈良県奈良市登美ヶ丘奈良県奈良市二条大路南奈良県奈良市登大路町奈良県奈良市林小路町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良国立博物館の関連情報