コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸宣公奏議 りくせんこうそうぎLu-xuan-gong zou-yi; Lu-hsüan-kung tsou-i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸宣公奏議
りくせんこうそうぎ
Lu-xuan-gong zou-yi; Lu-hsüan-kung tsou-i

中国,唐の陸贄 (りくし) の撰した文集。奏草7巻 24編,中書奏議7巻 32編から成る。成立年未詳。唐代中期の社会,経済研究に必読の書で,租・庸・調制を賛美し,両税法に反対する彼の意見は注目すべきものがある。上記の奏草,中書奏議に制誥 10巻を加えて,『陸宣公全集』『陸宣公翰苑集』ともいう。なお原本はさらに別集 15巻があったが,早く散逸し伝わっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android