別集(読み)べっしゅう(英語表記)Bie-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別集
べっしゅう
Bie-ji

中国,古典詩文集の形態の一つ。たとえば,杜甫の詩文集の『杜工部集』,韓愈の詩文集の『韓昌黎集』など一個人の詩文集をいう。複数の人間の詩文を集めたものを「総集」というのに対する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べっしゅう【別集 bié jí】

中国の伝統的な図書分類において,2人以上の詩や文を選録あるいは網羅した書物を〈総集〉というのに対して,一個人の詩文を集めた書物。賦・詩,そして散文では,上奏文など公的文書の草稿,政治論,古典論,各種の序文送別,伝記,哀悼の辞などを集録内容とする。単行の著作および非正統な作品,小説や戯曲類は含まれない。例としては唐の白居易の《白氏文集(はくしもんじゆう)》,北宋蘇軾(そしよく)の《東坡全集》があげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

べっしゅう【別集】

漢籍の分類法の一。個人別の詩文集のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別集の関連情報