陽安線(読み)ようあんせん

  • ようあんせん / ヤンアンシエン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、陽平関(ようへいかん)―安康(あんこう)間の鉄道名称。延長357キロメートル。襄渝(じょうゆ)線の安康から分岐し、漢水上流地域を経由して、陽平関で宝成(ほうせい)線と連絡する。沿線には石泉(せきせん)、漢中(かんちゅう)などの都市があり、険しい山地を通過する。1969年に着工し、1972年に全線開業した。1973年には電化工事に着手し、1977年に完成し、宝成線に次ぐ中国で二番目の鉄道電化となった。

[青木栄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android