コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽春亭慶賀 ようしゅんてい けいが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陽春亭慶賀 ようしゅんてい-けいが

?-? 江戸時代中期-後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。江戸新材木町などにすみ,本町側の判者をつとめた。戯作烏亭焉馬(うてい-えんば)の門人。著作に寛政元年(1789)刊行の黄表紙「縞黄金肌着八丈」などがある。姓は今泉。名は外守。号は揚春亭ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

陽春亭慶賀の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android