コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隈隈し クマグマシ

デジタル大辞泉の解説

くまぐま・し【××隈し】

[形シク]
物の陰に隠れてよく見えない。薄暗くて見えにくい。
「火はほのかにまたたきて、…ここかしこの、―・しくおぼえ給ふに」〈・夕顔〉
樹木がこんもりと茂り、陰がある。
「この前栽の、いとおもしろく、―・しき見るなり」〈平中・一七〉
隠しだてが多い。心に秘密を持っているようだ。
「何事かは侍らむ。―・しくおぼしたるこそ苦しけれ」〈梅枝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くまぐまし【隈隈し】

( 形シク )
物かげや暗がりが多い。かくれてよく見えない。 「いたく-・しき谷なり/出雲風土記」
心に隠しだてをしているようだ。 「なにごとかは侍らむ。-・しくおぼしなすこそ苦しけれ/源氏 梅枝

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android