前栽(読み)せんざい

精選版 日本国語大辞典「前栽」の解説

せん‐ざい【前栽】

〘名〙
前に植え込んだ草木。また、植え込むための草木。庭先植込み
※催馬楽(7C後‐8C)浅緑「新京朱雀の しだり柳 または田居となる 前撫子」
※伊勢物語(10C前)二三「をとこ、〈〉せんさいの中にかくれゐて」
② 草木を植え込んだ庭。寝殿造りの場合、正殿寝殿)の前庭。のちには、座敷の前の植込みのある庭。
※伊勢物語(10C前)五一「昔、をとこ、人のせんさいにうゑけるに」
徒然草(1331頃)七二「賤しげなる物、〈略〉せんざいに石・草木の多き」
③ (「前菜」とも書く) 「せんざいもの(前栽物)」の略。
※滑稽本・風流准仙人(1760)「大根のこときせんさいを負て」
※老嬢(1903)〈島崎藤村〉三「裏へ野菜(センザイ)を采りに出ると」
[語誌](1)「守貞漫稿」によると、近世上方では②の意味で使われている。
(2)一方、近世中期の江戸では、すでに「前栽」単独で③の意に使われている。また、近世後半江戸での例に、「前栽物」「前栽売り」などの複合語形で菜園・野菜を意味する例が見られ、東日本方言と考えられる。

せ‐ざい【前栽】

〘名〙 (「せんざい」の撥音「ん」の無表記) =せんざい(前栽)
蜻蛉(974頃)上「せさいの花、いろいろに咲き乱れたるを見やりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「前栽」の解説

前栽
せんざい

家の前庭に植え込んだ草木や、植え込むための草木のこと。「せざい」ともいう。また、草木を植え込んだ前庭の称で、寝殿造の場合では、正殿の前庭をいい、のちには、座敷の前の植え込みをいうようになった。平安時代、貴族は前栽に趣向を凝らし、その優劣を競う「前栽合(あわせ)」が行われたが、一般庶民は、多く、庭先で野菜などを栽培していたところから、後世、野菜、青物を「前栽物」といい、これを略して前栽ともいった。

[佐藤裕子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「前栽」の解説

せんざい【前栽】

平安時代初期からの用語で(《凌雲集》に初見),庭園に植えた草花さし,〈せざい〉ともいう。当初は菊や萩,薄(すすき),女郎花(おみなえし)など秋の草花が好まれたが,延喜(901‐923)のころには春草,夏草も植えられるようになった。平安中期までは《宇津保物語》にみるように,前栽と植木は別個に扱われたが,のち前栽に樹木が含められるようになり,平安後期の《栄華物語》では本来のものを特に草前栽と称している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の前栽の言及

【前栽】より

…当初は菊や萩,薄(すすき),女郎花(おみなえし)など秋の草花が好まれたが,延喜(901‐923)のころには春草,夏草も植えられるようになった。平安中期までは《宇津保物語》にみるように,前栽と植木は別個に扱われたが,のち前栽に樹木が含められるようになり,平安後期の《栄華物語》では本来のものを特に草前栽と称している。いずれにしても寝殿造など平安時代の庭園に普遍的なもので,寝殿南庭の一隅,遣水(やりみず)のほとり,野筋(のすじ)や築山の裾,枯山水様の立石に添えるなど,多くの用例がみられる。…

※「前栽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android