コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前栽 セザイ

5件 の用語解説(前栽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せ‐ざい【前栽】

せんざい」の撥音の無表記。
「―の花、いろいろに咲き乱れたるを」〈かげろふ・上〉

せん‐ざい【前栽】

草木を植え込んだ庭。寝殿造りでは正殿の前庭。のちには、座敷の前庭。
庭先に植えた草木。
前栽物」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんざい【前栽】

平安時代初期からの用語で(《凌雲集》に初見),庭園に植えた草花をさし,〈せざい〉ともいう。当初は菊や萩,薄(すすき),女郎花(おみなえし)など秋の草花が好まれたが,延喜(901‐923)のころには春草,夏草も植えられるようになった。平安中期までは《宇津保物語》にみるように,前栽と植木は別個に扱われたが,のち前栽に樹木が含められるようになり,平安後期の《栄華物語》では本来のものを特に草前栽と称している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんざい【前栽】

木や草を植え込んだ庭。
庭に植えた草木。庭の植え込み。 「 -の、木立こだちめぐりてあちこちと/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前栽
せんざい

家の前庭に植え込んだ草木や、植え込むための草木のこと。「せざい」ともいう。また、草木を植え込んだ前庭の称で、寝殿造の場合では、正殿の前庭をいい、のちには、座敷の前の植え込みをいうようになった。平安時代、貴族は前栽に趣向を凝らし、その優劣を競う「前栽合(あわせ)」が行われたが、一般庶民は、多く、庭先で野菜などを栽培していたところから、後世、野菜、青物を「前栽物」といい、これを略して前栽ともいった。[佐藤裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の前栽の言及

【前栽】より

…当初は菊や萩,薄(すすき),女郎花(おみなえし)など秋の草花が好まれたが,延喜(901‐923)のころには春草,夏草も植えられるようになった。平安中期までは《宇津保物語》にみるように,前栽と植木は別個に扱われたが,のち前栽に樹木が含められるようになり,平安後期の《栄華物語》では本来のものを特に草前栽と称している。いずれにしても寝殿造など平安時代の庭園に普遍的なもので,寝殿南庭の一隅,遣水(やりみず)のほとり,野筋(のすじ)や築山の裾,枯山水様の立石に添えるなど,多くの用例がみられる。…

※「前栽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

前栽の関連キーワード文点鳥獣人物戯画明通寺凌雲集款状土城平安時代文学小野永見巨勢識人品治部広耳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前栽の関連情報