コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前栽 セザイ

デジタル大辞泉の解説

せ‐ざい【前栽】

せんざい」の撥音の無表記。
「―の花、いろいろに咲き乱れたるを」〈かげろふ・上〉

せん‐ざい【前栽】

草木を植え込んだ庭。寝殿造りでは正殿前庭。のちには、座敷の庭。
庭先に植えた草木。
前栽物」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんざい【前栽】

平安時代初期からの用語で(《凌雲集》に初見),庭園に植えた草花をさし,〈せざい〉ともいう。当初は菊や萩,薄(すすき),女郎花(おみなえし)など秋の草花が好まれたが,延喜(901‐923)のころには春草夏草も植えられるようになった。平安中期までは《宇津保物語》にみるように,前と植木は別個に扱われたが,のち前栽に樹木が含められるようになり,平安後期の《栄華物語》では本来のものを特に草前栽と称している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんざい【前栽】

木や草を植え込んだ庭。
庭に植えた草木。庭の植え込み。 「 -の、木立こだちめぐりてあちこちと/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前栽
せんざい

家の前庭に植え込んだ草木や、植え込むための草木のこと。「せざい」ともいう。また、草木を植え込んだ前庭の称で、寝殿造の場合では、正殿の前庭をいい、のちには、座敷の前の植え込みをいうようになった。平安時代、貴族は前栽に趣向を凝らし、その優劣を競う「前栽合(あわせ)」が行われたが、一般庶民は、多く、庭先で野菜などを栽培していたところから、後世、野菜、青物を「前栽物」といい、これを略して前栽ともいった。[佐藤裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の前栽の言及

【前栽】より

…当初は菊や萩,薄(すすき),女郎花(おみなえし)など秋の草花が好まれたが,延喜(901‐923)のころには春草,夏草も植えられるようになった。平安中期までは《宇津保物語》にみるように,前栽と植木は別個に扱われたが,のち前栽に樹木が含められるようになり,平安後期の《栄華物語》では本来のものを特に草前栽と称している。いずれにしても寝殿造など平安時代の庭園に普遍的なもので,寝殿南庭の一隅,遣水(やりみず)のほとり,野筋(のすじ)や築山の裾,枯山水様の立石に添えるなど,多くの用例がみられる。…

※「前栽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前栽の関連キーワード催・債・再・哉・塞・妻・宰・彩・才・採・斎・最・柴・栽・歳・殺・済・濟・災・犀・猜・砕・砦・碎・祭・細・菜・裁・西・賽・載・采・際・齋坪前栽・壺前栽・壷前栽ボタン(牡丹)郁芳門院安芸吉田 藤三郎生ひ上がる大中臣能宣吉田藤三郎隆子女王清原元輔ナンテン源氏物語周防内侍前栽合せ作り成す枯れ枯れ前栽売り乱がはし並べて宜宜し

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android