コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随眠 ずいみんanuśaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

随眠
ずいみん
anuśaya

仏教用語。「ずいめん」とも読む。根本煩悩のこと。衆生の心に従って心を曇らせ,その働きは微細であって知りがたいことから随眠といわれる。また唯識説では,煩悩の習気 (じっけ) ,すなわち阿頼耶識のなかに眠伏する種子をさすと説いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

随眠の関連キーワード阿毘達磨俱舎論

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android