コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随眠 ずいみんanuśaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

随眠
ずいみん
anuśaya

仏教用語。「ずいめん」とも読む。根本煩悩のこと。衆生の心に従って心を曇らせ,その働きは微細であって知りがたいことから随眠といわれる。また唯識説では,煩悩の習気 (じっけ) ,すなわち阿頼耶識のなかに眠伏する種子をさすと説いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone