コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習気 シュウキ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐き〔シフ‐〕【習気】

身にしみついた習慣
「東花坊のこの性行上の―を」〈芥川・枯野抄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっけ【習気】

〘仏〙 煩悩が心に残す影響。煩悩がなくなっても、残り香のように残っているものとされる。

しゅうき【習気】

身についたならわし。習慣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

習気
じっけ

熏習」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

習気の関連キーワード楞伽経残り香童心説煩悩楊賓随眠余習

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android