コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者ボート競技 しょうがいしゃぼーときょうぎadaptive rowing

2件 の用語解説(障害者ボート競技の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

障害者ボート競技

2008年の北京パラリンピック大会から正式種目となる。男女とも参加できるが、障害によって参加できる種目が決まっている。現在のところ、かじをとるコックス1人とこぎ手が4人のかじ手付きフォア(男女ミックスで、こぎ手は1人が1本のオールを両手で持ってこぐ。こぎ手が座るシートスライドする)、ダブルスカル(コックスはおらず、男女2人のこぎ手でボートを進める。こぎ手は1人が両手に1本ずつのオールを持ってこぎ、シートは固定)、女子シングルスカル(コックスなし、女子のこぎ手1人が両手に1本ずつのオールを持ってボートをこぎ、シートは固定)、男子シングルスカル(コックスなし、男子のこぎ手1人が両手に1本ずつのオールを持ってボートをこぎ、シートは固定)の4種目がある。競技はブイで仕切られた1000mの6つの直線レーン行われる

(藤田紀昭 日本福祉大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害者ボート競技

すべて1キロの距離で争い、全身を使う男女混合4人乗り△上半身の体幹を使う男女混合2人乗り△腕だけを使う男女の1人乗りの3種目4競技がある。2008年の北京・パラリンピックで正式種目になり、日本は北京、12年のロンドンに連続出場している。国内の競技人口は100人以下。 今年9月開催のリオデジャネイロ・パラリンピックは各種目12カ国に出場権が与えられ、すでに昨年8月の世界選手権で上位8カ国が出場を決めた。残る出場枠を巡っては、今年4月20日から始まるイタリア最終予選で上位2カ国が、さらに国際ボート連盟により2カ国が選ばれる。

(2016-04-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

障害者ボート競技の関連キーワード採石業登録記念物服部紗弥立花麗美加瀬澤拓未井手上梓漁業金融高等教育ゴム工業皮革工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

障害者ボート競技の関連情報